Los Angeles Balcony~ウェディングケーキ~

  • 2019年6月17日
  • ウェディング

 

こんにちは。

 

品川にございます結婚式場
Los Angeles balcony Terrace Restaurant & Moon Bar
(ロサンジェルス バルコニー テラスレストラン アンド ムーンバー)の宮里です。

 

ロサンジェルス バルコニーがご提案する結婚式のコンセプト、

 

それは
「まるで西海岸のバルコニーで、ゆったりとゲストとのつながりを感じられる場所」。

 

開放感があってリラックスできる空間で、
会話が生まれ、食を堪能し、人の輪がつながる場所。
ロサンジェルス バルコニーは、そんな想いを大切にできる会場です。

 

さて、本日は今や定番となっています

ウェディングケーキ入刀についてお話させて頂きます。

今では定番となっているウェディングケーキ入刀ですが、

そこには4つの意味があり、ナイフ装飾花にはとてもとても

深い意味があることをご存知ですか?

1つ目は、結婚式でよく言われている
「結婚した2人が最初にする共同作業」ということ、

まさに結婚式では司会者が、そのように紹介していますよね。

▲ここでは多くのゲストの方が幸せなおふたりのカメラを構えています!

 笑顔一杯でお2人らしく表現したいですね♫

 

▲2つ目は、ナイフを2人で握りカットするように、将来、どんな困難に出会っても、
 「ゆるぎない愛で手を取り合い、幸福を切り開いていく」という意味

▲3つ目は、「豊かさの象徴」

 ケーキ入刀以外にも、おふたりでソースを一緒にかける
 こんな『カラードリップケーキ』もございます♫

 

古代ギリシャ時代、貧しいカップルが食べ物に困り、

1つのパンを分かち合い、永遠の愛を誓った逸話から、

切り分ける食材がある→将来食べるのに困らない

との願いを込めたということです。

 

4つ目は、この結婚を祝ってくれた皆様へ「幸せのお裾分け」

これは、アメリカの小さな町の習慣で、花嫁がクッキーを焼き、

「私は幸せな家庭が築けますよね」

新郎と客たちに振舞う習慣から始まったといわれています。

立ちはだかる困難を、夫婦2人が「憎しみ」や「怒り」で手を取り合い、
切り開くのではなく、「ゆるぎない愛で・・」ということです。

時に、敵対する困難に対しても、2人の愛念で向かう、
その時に本当に困難が礎(いしずえ)となって良き巡りをも誘うのです。

ナイフ装花は、その2人の愛を花で象徴させている、ということです。

そこにはこういった深い意味が込められているのです。

 

 

それだけに、この愛は偽物の造花ではなく、本物の生花で飾りたいものですね!

こんな意味があったことを豆知識で持っていただくと、

当日も感慨深くお過ごしいただけるのではないでしょうか♫

 

 

オリジナルデザインもお作りできますのでぜひご相談くださいませ!

ぜひ皆さまのご来館をスタッフ一同楽しみにお待ちしております♪

 

 

=========================================
Los Angeles balcony Terrace Restaurant & Moon Bar

あなただけの結婚式をプロデュース プレミアブライダルフェア開催決定!!!

 

 

■【初めての見学も安心】シェフ特製の美食体験×緑溢れる会場見学

《フェア開催日》6/22(土)9:00~/14:00~/18:00~

 

 

■【10大特典】2万円相当のコース試食×緑溢れる全館見学会

《フェア開催日》6/23(日) 9:00~/14:00~/18:00~

 

 

フェアのご予約はコチラから

 

Los Angeles balcony Terrace Restaurant & Moon Bar
〒108-0075 東京都港区港南1-2-70品川シーズンテラスアネックス2階
品川駅/JR・京浜急行線品川駅港南口徒歩5分
TEL : 03-6277-2622
==========================================

 

最近の記事

一覧を見る

Los Angeles balcony~お子様の楽しみ方~

パティシエ特製デザートのご紹介

Los Angeles balcony~Xmasにウェディングパーティを~

Los Angeles balcony~Winter Chapel~

ランチメニューのご紹介

アーカイブ

公式YouTubeチャンネル

Los Angeles balcony Terrace Restaurant & Moon Bar